進化する医療用ユニフォーム

>

白衣の問題点と更なる進化

医療用ユニフォームとしての白衣の問題点

衛生的に優れており、現在でも医療用ユニフォームのスタンダードとして確固たる地位にある白衣ですが幾つかの問題点があることも指摘されています。
まず一番の問題となるのが、白という色が持つ性質に起因します。
というのも白というのは他の色にない特徴や性質を持っており、時としてそれが医療用ユニフォームとしてマイナスに働いてしまうのです。
例えば、白は膨張色としてかなり強い性質を有しており、長時間見つめ続けていると他の色と比べてかなり目の負担となることが判っています。
他には、補色残像と呼ばれる現象の影響が強く出てしまうことも白衣の問題点として挙げられます。
補色残像とは、長時間同じ色を見続けていると、その色に対する反対の色である補色が残像として視界に浮かび続けるという現象です。
特に手術や緊急治療の際は血を見続けることになるので緑色の補色残像が消えずに業務に支障をきたすことになってしまうのです。

手術用の医療用ユニフォーム

先述したように白衣にも幾つかの問題点があることから、白以外の医療用ユニフォームの模索も始められました。
特に、かなりの長時間目を酷使し、血を見続けなければならない手術では、白以外の医療用ユニフォームが喫緊で求められる状況でした。
様々な研究や試行錯誤の結果、血の色による補色残像の緩和効果があり、なおかつ長時間目にしても負担の少ない青もしくは緑が手術用の医療ユニフォームとして定着するようになり、白衣から取って代わられるようになったのです。
加えて、手術着以外にも手術室の床や壁、カーテンも青か緑系統で統一されることになりました。
この手術着の色変更以降、医療用ユニフォームは清潔感や衛生の観点以外にも機能性や実用性の面から徐々に多様化が見られるようになります。


TOPへ戻る